cubase pro 11のバリオーディオ機能を使い、オーディオデータをmidiに変換してみよう!

cubase pro 11のバリオーディオ機能を使いギターやボーカルなどのオーディオデータをmidiデータに変換したい

cubase pro 11 バリオーディオ midi 抽出 midi化 変換 コンバート

cubase pro 11を操作していて

  • ギターやボーカルなどのオーディオデータをmidiに変換したい。
  • パートの音をmidiに変換して音を確認したい。

なんて思ったことはありませんか?このページではcubase pro 11のバリオーディオ機能を使いオーディオデータをmidiデータに変換する方法について紹介したいと思います。

【cubase pro 11のバリオーディオ機能を使いオーディオデータをmidiに変換する方法】

  1. 準備するもの
  2. cubase pro 11を立ち上げオーディオデータ開きます
  3. cubase pro 11のバリオーディオをクリックします。
  4. cubase pro 11のmidiデータに変換し出力します。

① 準備するもの

cubase pro 11がインストールされたパソコン

② cubase pro 11を立ち上げオーディオデータ開きます

cubase pro 11を立ち上げオーディオデータ開きます。

③ cubase pro 11のバリオーディオをクリックします

オーディオファイルをダブルクリックしましょう。するとインスペクターに「VariAudio」などの項目が表示されるのでバリオーディオをクリックしましょう。

cubase pro 11 バリオーディオ midi 抽出 midi化 変換 コンバート

cubase pro 11のmidiデータに変換し出力します

インスペクターのバリオーディオが開くといろんな項目が表示されます。
一番上に「VariAudioを編集」という項目があり右側に、斜め左上に傾いた三角形のボタンがあるのでそのボタンを押すとオーディオデータの解析が始まります。

cubase pro 11 バリオーディオ midi 抽出 midi化 変換 コンバート

解析が終わりインスペクターのバリオーディオの項目の一番下に「機能」という項目があります。右側にプルダウンできる下向きの小さな三角形が表示されているのでそれを押すとプルダウンメニューが表示されます。
プルダウンメニューの一番上にMIDIデータの抽出という項目があるのでクリックするとmidiの抽出ができます。

cubase pro 11 バリオーディオ midi 抽出 midi化 変換 コンバート

以上で、「cubase pro 11のバリオーディオ機能を使い、オーディオデータをmidiに変換してみよう!」の説明を終わります。

コメントの入力は終了しました。